News sharing

電動アシスト自転車のケア方法

2023/05/04
メンテナンス 注意 電動アシスト自転車

  電動アシスト自転車とは、バッテリーを補助エネルギーとする一般的な自転車に、モーター、コントローラー、蓄電池、ハンドルなどの操作部品と表示計器システムを搭載した乗り物です。従来の自転車に比べて、電動アシスト自転車はモーター電気を使用して走行を補助するため、より強力な駆働アシストを提供できます。その装備の電気モーターは速度とパワーを伝統的な自転車より高くなります;電動アシスト自転車はコントローラーとディスプレイを備え、従来の自転車よりスマートです。エネルギーを節約したい人たちにとって、電動アシスト自転車は充電によってパワーサポートを受けることができ、サイクリストがより遠くまで移動できるようです。

  電動アシスト自転車のメンテナンスや寿命を延ばすには、メンテナンスに気をつけるべきです。これらのメンテナンスには、バッテリーの充放電の注意事項、充電環境の選択、タイヤの空気圧調整、ブレーキシステムの点検などが含まれます。電動アシスト自転車のケア方法

バッテリー充放電の注意事項

 

  電動アシスト自転車のバッテリーは、電動アシスト自転車の走行の中核であり、電動アシスト自転車に必要なエネルギーを供給する役割を担っています。電動アシスト自転車のバッテリーは一種の消耗品として、自転車を使う時間の増加につれて、直接に電動アシスト自転車の航続能力と使用寿命に影響します。そのため、バッテリーを正しくメンテナンスすることが大切です。電動アシスト自転車のケア方法

①バッテリーの過放電を避けます。電動アシスト自転車の充電量が20%以下であれば、すぐに充電しなければなりません。バッテリーが低い状態で自転車を走らせると、バッテリーに回生電圧がかかり、バッテリーの劣化が進み、寿命が短くなります。発進時、登坂時、向かい風走行時などは、瞬間的な大放電を避けるため、人力で走行をサポートします。加速する時、ゆっくり回転ノブを回すべきで、瞬間放電を避けます。電動アシスト自転車のケア方法

②バッテリーを正しく充電します。電動アシスト自転車のバッテリーにはリチウムイオン電池が採用されていることが多いため、火や高温の熱源に近づくことは避け、暑い季節に高温にさらされてから充電することは避けるべきです。充電の際は、できるだけ一度にフル充電し、ランプがフル充電を示しているときにはすぐには抜かず、2 ~ 3時間ほど流し続けます。できれば50 ~ 70%のタイミングで一度の充電を行うと、バッテリーの過放電が発生せず、寿命を延ばすことができます。電動アシスト自転車のケア方法

③定期的にバッテリーをメンテナンスして掃除します。バッテリーが電動車にしっかり搭載されているかどうかを確認し、走行時の振動によるバッテリーの損傷を防ぎます。専用のバッテリークリーナーやスポンジに石けん水をつけて汚れを落とし、バッテリーを乾燥させて清潔に保ちます。バッテリーのカバーを慎重に開けて、液漏れによる自転車へのダメージを防ぎます。電動アシスト自転車のケア方法

タイヤメンテナンスの注意点

 

  電動アシスト自転車のタイヤ点検は、電動アシスト自転車のメンテナンスの一環です。タイヤを定期的にメンテナンスすることは、電動アシスト自転車のタイヤの寿命を延ばすだけでなく、走行の安全性を高めることにもつながります。タイヤの摩耗を抑えたり、フォーム効率を上げたりもできるので、タイヤメンテナンスは電動アシスト自転車のメンテナンスの一環です。電動アシスト自転車のケア方法

①タイヤの空気圧を定期的に調整します。タイヤの空気圧を調整する際には、通常、後輪の空気圧は前輪より高くなりますが、タイヤがパンクするリスクを防ぐために、タイヤの空気を膨らましすぎるのは避けるべきです。電動アシスト自転車のケア方法

②定期的にタイヤを交換します。長時間自転車に乗った後は、定期的にタイヤの状態をチェックし、タイヤを交換して、安全性、安定性、快適性を確保します。

電動アシスト自転車のケア方法

③過負荷を避けます。負荷がかかりすぎると、自転車のタイヤにかかる荷重が大きくなり、タイヤが摩耗して寿命が短くなってしまいます。電動自転車のケア方法

④高温環境を避けます。もし、電動自転車のタイヤが高温環境、特に夏場の高温で長時間太陽にさらされると、タイヤの劣化が進み、変形やひび割れなどのトラブルが発生し、タイヤの寿命が短くなるだけでなく、走行の安全が脅かされます。

電動自転車のケア方法

⑤ハブを定期的にメンテナンスします。乗り心地を向上させ、タイヤの寿命を延ばすためです。定期的に軸受を潤滑し、スポークが緩んでいないかチェックする必要があります。電動自転車のケア方法

ブレーキシステムのメンテナンス上の注意点

 

  電動アシスト自転車のブレーキシステムが正常であることは、走行の安全を確保し、走行効率を高めるための重要な一環です。ブレーキシステムが故障した場合、走行に重大な危険が伴います。ブレーキシステムをメンテナンスすることで、ブレーキの距離を減らすことができ、タイヤとブレーキの寿命を延ばすことができます。電動自転車のケア方法

①ブレーキシステムを定期的にチェックします。電動アシスト自転車の前軸、中軸、フライホイール、チェーンなどのドライブ部品を定期的に点検、拭いて潤滑し、ラスティを防止し、正常な使用に支障がないようにします。いくつかの部位の異常な状況が現れた時、タイムリーに洗浄と潤滑を行うべきです。電動自転車のケア方法

②ブレーキラインとブレーキパッドを定期的に交換します。電動アシスト自転車で長時間走行すると、ブレーキコードやパッドが摩耗、劣化してしまうことがあります。ブレーキコードやパッドを定期的に交換することで、ブレーキシステムが正常に動作し、安全性が高まります。電動自転車のケア方法

③定期的に前後ブレーキのブレーキ性能を検査します。雨や雪の日や下り坂の走行時は、速度を落としたり、緩行したりして、制動距離を長くすることを心がけ、スムーズに走行し、早めにブレーキをかけて事故を防ぎます。電動自転車のケア方法

電気制御部位のお手入れの注意事項

 

  自転車の安全性を高め、バッテリー寿命を延ばすために、電動アシスト自転車の制御部位をメンテナンスすることが重要です。電気制御部を定期的にメンテナンスすることで、バッテリーのロスが減り、走行効率が向上し、交換コストも削減できます。電動自転車のケア方法

①悪い環境に置かれないようにします。もし、電動アシスト自転車が過酷な環境に置かれると、例えば高温にさらされたり、長時間雨に降られたりすると、コントローラ内部の部品が破損したり、電気制御部が作動しなくなったりして、安全な走行ができなくなります。電動自転車のケア方法

②速さを調整する時ハンドルをゆっくりねじって軽く放します。ステアリングノブを頻繁に強く回転させると、グリップの感度が低下して操作がうまくいかなくなり、ライドに重大な危険をもたらします。電動自転車のケア方法

③定期的にコードの接続をチェックします。電線の接続が緩んでいないか、摩耗していないか、あるいは劣化していないかをチェックします。配線の清潔度をチェックし、ホコリや汚れが多い場合は、電気制御部分の表面をきれいな布やブラシで掃除します。電動自転車のケア方法

  いずれにしても、電動アシスト自転車の正確でタイミングの良いケアはサイクリストにとって非常に重要です。電動アシスト自転車の安全な長期使用を実現し、効率性と快適性を向上させます。サイクリストは正確で科学的な手順に基づいて電動アシスト自転車のメンテナンスを行い、自分で解決できない問題があれば、その場で相談して対応する必要があります。

当記事のウェブサイト:https://erway.zepan.jp/blogs/news/11
電動アシスト自転車 ERWAY01

電動アシスト自転車 ERWAY01

¥129,800 JPY 通常価格
Translation missing: ja.products.general.unit_price  単価 

電動アシスト自転車 ERWAY01